種名 ニホンイモリ

学名 Cynops pyrrhogaster
英名 Japanese fire-bellied newt


ニホンイモリは本州、四国、九州に分布し、水のきれいな池や田んぼに住んでいます。カ(蚊)の幼虫(ボウフラ)などを食べることから「井戸を守っている」と考えられ、イモリ(井守)という名前がつきました。 
 
しっぽ
 トカゲのような体型をしていますが、しっぽは縦に平たく泳ぐのに適した形になっています。泳ぐときはしっぽを左右にくねらせながら泳ぎます。
 
おなか
おなかが赤いことから「アカハライモリ」ともばれています。赤と黒の模様は一匹ごとに違うので、くらべてみると面白いかもしれませんね。 
 
毒がある!? 
イモリは皮膚にフグと同じ毒を持っています。毒性は弱いのでさわっても大丈夫ですが、眼に入ると痛いので注意が必要です。お腹の赤い模様は、毒があることを示す警告色(けいこくしょく)と言われています。

見たい生きものの種類を選んでください。