種名 ニホンアマガエル

学名 Hyla japonica
英名 Japanese Tree Frog


鹿児島県の屋久島以北の日本全国に分布し、平地や低山地の林、草原、水田などの低い木や草の上で小さな昆虫類やクモ類を食べて生活する。大きさは20~45mm、ふつうメスの方が大きい。鼻先から耳の後ろまで黒っぽい帯模様がある。
 
身を守る
皮ふは粘液でおおわれていて、乾燥しにくいだけでなく、細菌から身を守るための毒が含まれています。人でも傷口や粘膜に入ると激しい痛みを感じます。触ったら必ず手を洗いましょう。
 
色が変わる
基本的に背中の色はみどり色ですが、濃いみどり色、灰色、茶色に変化させることができ、色が変化したときには雲形模様があらわれます。目立たないように周りの色にあわせるだけでなく、興奮や休息などの状態でも変化します。
 
小さくなる?
幼体のオタマジャクシは、成長すると約50mmまで大きくなるが、足が出始めると尾が短くなっていき、成体になりたての個体は20mmになってしまいます。
 

見たい生きものの種類を選んでください。