種名 カバタテハ

学名 Aeiadne Ariadne
英名 Angled Castor


生きもの情報
名前の由来となった樺色の翅を持つタテハチョウです。台湾、東南アジアなどに分布しています。日本では「迷蝶」として、八重山諸島で時々見られます。

観察ポイント
「よく見ると小さな卵が・・・」
2階のテラスにカバタテハの食草「ヒマ」が置いてあります。葉の表面をよく見ると、緑色の小さな卵がついていることがあります。卵にはたくさんの毛のような突起が生えていて、まるで海に棲むウニのように見えます。

見たい生きものの種類を選んでください。