種名 オカメインコ

学名 Nymphicus hollandicus
英名 Cockatiel


オーストラリア内陸部に分布している、オウム目オウム科オカメインコ属に属する鳥で、オウムの仲間の中では一番小さい種類です。
 
名前の由来
「オカメインコ」という名前は、チークパッチという顔にあるオレンジの丸い模様が、「おかめ」に似ていることからつけられました。
 
気持ちがわかります
頭に上に生えている羽(冠羽)で気持ちがわかります。びっくりしり、緊張したときには冠羽が立ち、落ち着いているときには寝ています。
 
ペットとして大人気
おとなしく、人に馴れやすいことからペットとして人気があります。その歴史は古く、200年前から飼われていました。日本では明治時代から飼われています。
 
長生き
オカメインコは長生きです。人に飼われている場合の寿命は15年~20年で、長いと30年くらい生きます。
 
オーストラリアドームで見ることができます。きれいな鳴き声もお楽しみください。
 

見たい生きものの種類を選んでください。