種名 イトマキヒトデ

学名 Patiria pectinifera
英名 ―


生きもの情報
北海道から九州の磯でよく見られるヒトデです。大きさは約8~14cmで、五角形の糸巻のような形が名前の由来です。表側は青、緑、紫などとっても色彩豊かですが、裏側はオレンジ色の一色です。

観察ポイント
個性豊かなのは色だけでなく、四角形など変わった形のものもいます。他の種類のヒトデと違い、色や形も個性豊かなイトマキヒトデは、まさにヒトデ界のスターです。お気に入りのイトマキヒトデを見つけて、生物園に遊びにくる度に観察してみませんか?

 

見たい生きものの種類を選んでください。