種名 ケヅメリクガメ

学名 African Spurred Tortoise
英名 Centrochelys sulcata


生きもの情報

アフリカ大陸中部のサバンナや砂漠に生息します。体重が100kgになることがある大型のリクガメです。生物園が飼育している中で1番大きな個体は、59kgになります。後ろ脚の付け根から突きでた大きな鱗が、鳥類の蹴爪に見えることが名前の由来です。

観察ポイント「ケンカを防ぐために」

ケヅメリクガメのオスは、腹側の甲羅が頭の下まで伸びており、右の写真のようにオス同士で争う際に使います。争いによってケガをすることがあるので、生物園では2個体のオスを分けて飼育しています。
観察する際は、腹側の甲羅にも注目してみてください。

見たい生きものの種類を選んでください。