種名 マガキガイ

学名 Strombus luhuanus
英名 Red-ripped conch


生きもの情報
生物園で、じつはひっそり役に立っている生きものです。観察展示室のカブトガニの水そうにいる、コケ取りじょうずなおそうじ屋さんです。

 

観察ポイント
「貝とは思えないその姿に注目!」
マガキガイの口はとても長く、その先にある小さな歯で、海藻などをけずりとって食べます。実際に水そうの藻類を食べている様子は、まさしくそうじ機のようです。また貝にはめずらしい、大きくはっきりとした目を持ち、その目をゆらしながら、口をのばしてエサを食べている姿は、水そうの脇役とは思えないほど観察しがいがあります。マガキガイは動きが速い上に、同じ水そう内にはマガキガイの殻を背負ったヤドカリもいるので、だまされないようにじっくり観察してみてください。

見たい生きものの種類を選んでください。